ラグナロク以外

超初心者、適当にラグナロク日記(以外)@Loki

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

【読書感想】ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵



スピリチュアルな事には一切興味がないのですが
ハワイ旅行に縁を感じて読みました。

学者さんと長老という
一見全く違う道を歩んでいるように見える
2人が語るハワイの言い伝えについての本です。

ハワイに古くから伝わる教えの本質は、
人とのつながりを大切にしたり、
自然や他人に感謝したりと
当たり前だけど日常で忘れがちな
大切なことなのかなと思いました。

ハワイに伝わる
光のボウルという話では、
人は皆光であふれたボウル(器)を持って生まれてくるが、
嘘をついたり人を傷つけたりすることによって
ボウルに石がたまり光がなくなるそう。

そのボウルの石を取り除く方法は!?というと、
ボウルを豪快にひっくり返し、
石をだして最初から始めればいいのだそう!!
ボウルをひっくり返す方法は
人それぞれだけど、
またハワイ島に行くことなのかもしれないと
思いました。

またAlohaのAloは、
顔をあわせてという意味があり、
haは息や魂を表す神聖な言葉なんだそう。

アロハは決して
1人で感じられるものではなく、
他人との関係を通じてこそ、
本当の意味でのアロハを感じることができること、
お互いの尊敬や信頼が確立して行き渡る事によって
成り立つことが書かれていてなかなか
興味深い本でした。
スポンサーサイト
[ 2014/04/19 09:00 ] | CM(0)

【読書感想】ボックス!下



面白さ:★☆☆☆☆

百田作品がどれだけ読みやすいかというのは、小説が苦手な私が昨日上巻を読み終え、今日下巻の感想を書いてる時点でお分かり頂けるであろう。下巻はある衝撃的な出来事を機に、一気に物語がクライマックスへ突入する。この展開は上手い。また終わり方も良い。今まで読んだ百田作品から好きなところを上げるとすれば、曖昧な終わり方をせず綺麗に収束して終わるというところだろう。しかし、十分読みやすく面白い作品とはいえ、別の百田二作品「影法師」、「永遠の0」には叶わないということで★1つ。
[ 2014/02/14 20:27 ] | CM(2)

【読書感想】ボックス!上



面白さ:評価しない

ボクシングのスポーツ系青春小説ということで、スポーツもボクシングも一切興味が無く、タイトルからして全く買う気すら湧かなかったのだが、評価が高かったのでブコフで購入。しかし、ボクシング知識ゼロでもスポーツに全く興味がなくても、キャラクターが魅力的で素直に引きこまれ、スラスラ読ませてしまうのが百田作品の凄さなのかもしれない。本の面白さの評価は下巻を読んで決めたいと思う。
[ 2014/02/13 18:09 ] | CM(0)

【読書感想】容疑者Xの献身



面白さ:★☆☆☆☆

ガリレオを知ったのは機内エンターテイメントだったが、かといってガリレオを知ってこの本を読んだわけではなく、読み進めていくうちに気づいた。推理小説なので、事件も重く人間関係もドロドロ、トリックはなるほどな感じだが、文書やストーリーは対して面白くない。もうガリレオ系は2度と読まない。
[ 2014/02/11 14:13 ] | CM(0)

【読書感想】死神の精度



面白さ:★☆☆☆☆

百田作品を続けて読んだせいでどこか違和感を感じながら読んだ作品。死神と人間の話をあつめた六つの短編集で、十分面白くはあるのだか五つ星にするほどは面白いとは感じなかったので★一つ。余韻を残す感じの終わり方が多くそういうのが好きな人はいいかもしれない。
[ 2014/02/07 21:09 ] | CM(0)

【読書感想】影法師



面白さ:★★★★★

永遠の0の人と同じ人が書いている2人の侍の友情物語。永遠の0のような感じで現代から振り返るうちに謎が明らかにされてゆくストーリー。侍の戦いのシーンは臨場感があってよかったし、最後にすべての辻褄があうような構成が面白い。
[ 2014/02/02 09:42 ] | CM(0)

【読書感想】永遠の0

本の話題をせっかくブログに書いたので
感想も書いてゆきたいと思います。

永遠の0


面白さ:★★★★★

この本の帯の宣伝文句が『まだこの本を読んでいない人が羨ましい』とかなのですが、本当に心からそう思える位面白い。特攻で亡くなった祖父について調べる現代の主人公が、当時の祖父を知る人を訪ね、その人々が語る中で祖父の人物像が明らかにされてゆくのですが、伏線の回収っぷりと、読みやすさが素晴らしい。次へ次へページをめくる手が止まらない!テーマは重いけど純粋に物語として面白く楽しめた。映画は物語の重要な部分がなかったりと、微妙。
[ 2014/01/30 08:21 ] | CM(0)

面白い本しか読みたくない

本を読まなすぎるので
去年は本を読むことを目標にしたのですが
結局全く読みませんでした。

そんなわけで目標リベンジ。

普段本を読む習慣がないので
基本的に本を読むのが苦痛だし、
面白い本しか読みたくない!

面白い本を見つけるためには
どうすればいいのか?

悩んだ結果
そこそこ使えそうな無料アプリに
たどり着きました。

ブクログです。


アプリを開くとメニューに
本を探すとあるのですが、
評価が高い本は殿堂入りという項目に
分類されていて簡単に
面白そうな本が見つけられます。



またバーコード検索や
キーワード検索もできるので
本屋で気になった本があるけど
面白いか分からないなーって時でも
一発検索で評価がわかるので便利(*^◯^*)



1番便利だなーと思えたのが
読みおえた本や読んでいる本だけじゃなくて
これから読みたい本を本棚にキープしてゆけること!



本棚が増えても、
読みたい本や読み終えた本で
ソートできるからかなり見やすい工夫!

通勤時間に気になった本を
レビューや殿堂入りから探して
どんどん本棚にストックしていって
本屋に立ち寄った時にあれば買い!
みたいな使い方で効率良くオモロ本が
探せるんじゃないか…なんてね(*^◯^*)



Amazonレビューをみたりも参考になるけど、
レビュー見てから読みたいと思った
本のストック、読み終えた本の記録までが
Amazonアプリでは完結できないので
こっちのがいいかなー!

動作がサクサクで見やすくて
見つけやすくて読んだ本の記録が
一元的に管理できるので便利~。

今年は本の感想も
書いてゆけたらなって思います(^○^)
去年の二の舞にならないように(^◇^;)
[ 2014/01/29 12:57 ] | CM(0)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。